Top page



特許・実用新案検索・分析のトップページ(https://patentfield.com)の構成に関する説明です。


1. ヘッダー

ヘッダーは、すべてのページに共通して表示されます。




1.1 検索入力フィールド
検索したいキーワード、会社名、番号等を入力します。
検索入力フィールドにキーワードの一部を入力することによってキーワード、番号などの候補がサジェストされます。入力サジェストの詳細は、こちらをご参照ください。

簡易検索画面詳細検索画面で指定した検索種別(全文検索・セマンティック検索・コマンド検索)に応じて、入力方法や検索対象が異なりますので、ご注意ください。

全文検索の場合、検索対象は、番号、タイトル、請求の範囲(出願時/付与時)、明細書、出願人、権利者、代理人、特許事務所、発明者、審査官フリーワード、PAJ(日本特許英文要約)、特許分類(コード)を幅広く横断でキーワード検索します。
キーワードだけでなく、AND(+) OR NOT(-)や括弧などの論理演算子や近傍検索演算子などを使えます。
全文検索の詳細は、こちらを参照ください。

セマンティック検索の場合、タイトル、請求の範囲(出願時/付与時)、明細書、出願人、発明者等を機械学習で学習させた特徴量に対し、キーワード、任意の文書または特定の特許文献の番号で類似検索します。
セマンティック検索の詳細は、こちらをご参照ください。

コマンド検索モードの場合、複雑な検索式をヒット数を確認しながら複数行に分けて組み合わせて入力することができます。
コマンド検索の詳細はこちらをご参照ください。

1.2 簡易検索
簡易検索画面が開きます。
関西検索画面の詳細は、こちらをご参照ください。

1.3 検索ボタン
検索を実行します。検索種別によってアイコンが変わります。

全文検索の場合


セマンティック検索の場合


引用マップ分析の場合


1.4 詳細検索(Advanced search)
詳細検索(Advanced search)画面が開きます。
詳細検索画面では、日付や出願人、特許分類、リーガルステータス、中間手続きコードなど100種類以上のフィルターや集計処理、パテントスコアなどが設定できます。
詳細検索画面については、こちらをご参照下さい。

1.5 AIラベル設定
AI分類予測機能を利用するためのAIラベル設定画面を開きます。

1.6 作業グループ選択
作業グループを選択します。
AI教師ラベル、ユーザータグ、検索条件などは作業グループに紐づいて保存されています。

1.7 ヘルプ
ヘルプページを開きます。

1.8 検索モード切替
「3.検索モード切替」と同じモードに切り替えができます。

1.9 通知
PDFダウンロード、所定容量を超えるエクセルダウンロード、ユーザータグインポート等を実行したときに、
通知が表示されます。

1.10 マイアカウント/ログイン&ログアウト
マイアカウント、ログイン&ログアウト画面を開きます。


2. トップ検索フォーム


2.1 検索入力フィールド
1.1検索入力フィールドと同期されています。(詳細は、1.1を参照)

2.2 簡易検索
簡易検索画面を開きます。(詳細は、1.2を参照)

2.3 検索ボタン
検索を実行します。検索種別によってアイコンが変わります。(詳細は、1.3を参照)

2.4 検索種別切替
全文検索・セマンティック検索・コマンド検索のいずれかに検索種別を切り替えることができます。

2.5 番号一括入力
番号一括入力の画面を開きます。

2.6 詳細検索&スコア設定
詳細検索画面を開きます。(詳細は、1.4を参照)

2.7 AIラベル設定
AI分類予測機能を利用するためのAIラベル設定画面を開きます。(詳細は、1.5を参照)


3. 検索モード切替


3.1 出願人検索
出願人/特許権者別に検索ができます。

3.2 発明者検索
発明者/研修者別に検索ができます。

3.3 代理人検索
特許・法律事務所/代理人別に検索ができます。

3.4 特許分類検索
特許分類別に検索ができます。


4.お知らせ


4.1 最新情報
Patentfield株式会社からの最新情報が表示されます。

4.2 変更履歴
Patentfieldの仕様変更やシステム改善などの最新の変更履歴が表示されます。