Advanced search




詳細検索画面(Advanced search)はトップページの詳細検索リンクまたはヘッダー検索ボタン横の▽のトグルから開くことができます。フィルターや集計、スコア設定など詳細な検索、分析設定を行うことができます。



1. 全文検索


  1. 検索モード
    検索モードを設定できます。
  2. 検索入力フィールド
    検索したいキーワード、会社名、番号等を入力します。ヘッダーのフィールドと同期しています。
    検索入力フィールドにキーワードの一部を入力することによってキーワード、番号などの候補がサジェストされます。入力サジェストの詳細はこちらをご参照ください。

    全文検索モードの場合、検索対象は、番号、タイトル、請求の範囲(出願時/付与時)、明細書、出願人、権利者、代理人、特許事務所、発明者、審査官フリーワード、PAJ(日本特許英文要約)、特許分類(コード)を幅広く横断でキーワード検索します。
    キーワードだけでなく、AND(+) OR NOT(-)や括弧などの論理演算子や近傍検索演算子などを使えます。全文検索の詳細はこちらを参照ください。

    セマンティック検索モードの場合、タイトル、請求の範囲(出願時/付与時)、明細書、出願人、発明者等を機械学習で学習させた特徴量に対し、キーワード、任意の文書または特定の特許文献の番号で類似検索します。
    セマンティック検索の詳細はこちらをご参照ください。

    コマンド検索モードの場合、複雑な検索式をヒット数を確認しながら複数行に分けて組み合わせて入力することができます。

    コマンド検索の詳細はこちらをご参照ください。

  3. 類似キーワードボタン
    検索入力フィールドにキーワードを入力した状態でクリックすると、検索入力フィールドに類似するキーワードがサジェストされます。クリックすると検索入力フィールドの最後にOR検索で追加されます。

2. セマンティック検索

セマンティック検索モードでは、入力フィールドが1つ増えます。

  1. メイン検索入力フィールド(セマンティック検索)
    こちらのフィールドには、文書または特許文献の番号を入力します。文書に似た類似特許を検索することができます。
  2. サブ検索入力フィールド(全文検索)
    セマンティック検索では、キーワードで検索するわけではないので、探している内容とは違う分野のものが含まれる可能性があります。その場合は、探したい分野にのみ含まれるキーワードを入力して下さい。

3. フィルター(簡易)

よく使われるフィルター項目をチェックボックス形式で選択できます。

  1. フィルター(簡易)タブ
  2. 出願国
    出願国でフィルターできます。
  3. 公開種別
    出願公開公報、特許公報、実用新案など、公開種別でフィルターできます。
  4. リーガルステータス
    特許権の権利が維持されているか、抹消済であるか、出願を放棄済みであるか、審査請求済みであるかなど、リーガルステータス(法的状態)に基づくフィルターを設定できます。
  5. 年度
    出願年、公開年、登録年でフィルターできます。
  6. 引用関係結合
    検索結果に含まれる各文献に引用関係がある場合、その引用先、被引用先の文献を検索結果に追加します。
    1〜5世代先まで設定できます。
    同一値を除外は、追加対象となる引用先が引用元と同一値だったら追加しない項目を設定できます。たとえば、出願人を設定すれば、自己引用の文献が追加されることを防ぐことができます。(ライバルの会社の文献のみが追加される。)
    同一値のみを対象は、追加対象となる引用先が同一値だった場合のみ追加する項目を設定できます。たとえば、出願国を設定すれば、日本の文献は日本の文献しか引用関係を結合しないようにできます。
     注意 システム負荷の関係上、10万件以上の引用先は追加されません。
    フィルター(簡易)の引用関係結合は、フィルター(詳細)よりも後、一番最後の状態で結合されます。
  7. 最新更新
    直近に更新された出願公開公報、特許公報、経過情報の更新案件のみを検索対象とすることができます。
  8. 検索条件の保存
    詳細検索画面に設定した検索条件をサーバー上に保存することができます。
  9. 検索条件の保存ボタン
    ペンボタンは、検索条件のタイトルを変更できます。
    メールボタンは、メール配信対象に設定できます。メールが開いたアイコンで保存ボタンを押すと、毎週金曜に保存された検索条件で検索した結果をメールで配信します。
    フロッピーボタンは、検索条件を保存します。
    デフォルトチェックボックスは、検索条件をデフォルトにします。トップページに戻ると毎回その検索内容が自動的に読み込まれます。件数の設定やソートの設定変更をデフォルトで適用したい場合にご利用ください。
    ギアボタンは、マイアカウントページの検索条件の管理タブへのリンクです。
  10. 検索ボタン
    入力した内容で全文検索またはセマンティック検索を実行します。
  11. 引用マップ分析ボタン
    入力した内容で引用マップ分析を実行します。全文検索、セマンティック検索どちらでも引用マップ分析を行うことができます。


3. フィルター(詳細)

フィルター(詳細)タブは、100種類以上の特許の属性情報でフィルター条件を自在に設定できます。

  1. フィルター(詳細)タブをクリックします。
  2. フィルター条件を追加から、フィルター条件としたい項目を選択します。
  3. フィルター条件が追加されます。左から論理演算子、フィルター入力フィールド、フィルターの検索種別です。
    論理演算子は、上部検索入力フィールドとフィルター(簡易)が適用された後に付加されます。
    右のセレクトボックスでは検索種別が選択できます。検索項目によって選択可能な検索種別が異なります。
    検索項目と検索種別の一覧はこちらをご参照下さい。
    フィルターの検索種別では、空白区切りの複数単語がX以内に含む近傍検索、あいまい検索などが設定できます。
    明細書など部分一致と表示される検索項目では、部分一致でキーワード検索できます。
    特許分類や出願人(JP:最新)など部分一致と表示されない検索項目では完全一致するワード、もしくは末尾に*(アスタリスク)をつけて前方一致するワードで指定する必要があります。

4. 集計

集計タブでは、集計条件を設定できます。デフォルトの場合、出願年、公開年、登録年、公開種別、出願国、IPCサブクラス、テーマコード、USPCクラス、出願人(JP:最新)、特許事務所(JP:最新)、代理人(JP:最新)、出願人/譲受人(US:付与)、代理人/事務所(US:付与)、審査記録最終処分コード、審査記録査定種別コードが集計対象となります。

  1. 集計タブをクリックします。
  2. 集計項目を追加から、集計したい項目を選択します。
  3. フィルター条件が追加されます。左から集計対象、集計出力件数、削除ボタンです。集計対象は特定の値のみを集計したい場合のみ設定して下さい。通常、設定する必要はありません。

5. クロス集計

集計タブでは、クロス集計条件も設定できます。クロス集計を設定した場合、上記の集計条件は無視されます。


  1. 集計タブをクリックします。
  2. クロス集計項目を追加から、1つ目の軸の集計したい項目を選択します。集計項目が数値系の場合、開始、終了、分類ステップサイズのフィールドが表示されます。
  3. 開始項目には、数値範囲を設定したい場合、開始値を入力します。たとえば、出願年の場合は、2001などを入力します。省略した場合は、直近10年が自動で設定されます。
  4. 終了項目には、数値範囲を設定したい場合、終了値を入力します。たとえば、出願年の場合は、 2017などを入力します。省略した場合は、直近10年が自動で設定されます。
  5. 分類ステップサイズには、まとめて集計したい範囲を設定します。たとえば、出願年の場合に、5年おきにまとめて集計する場合は、5と入力します。
  6. クロス集計項目を追加から、2つ目の軸の集計したい項目を選択します。集計項目が数値でない場合は、上位件数と集計対象のフィールドが表示されます。
  7. 上位件数の項目には、集計対象としたい上位件数を設定します。たとえば、出願人の上位30位を設定したい場合は30と入力します。
  8. 集計対象項目には、上位ではなく、特定の集計対象としたい値を複数設定します。たとえば、東京大学と京都大学を対象にしたい場合、まず、東京大学と入力し、表示された正しい名称を選択します。続いて京都大学と入力し、表示された正しい名称を選択します。ここでサジェストされない項目は特許データに存在していません。
  9. 3軸のクロス集計を行いたい場合は、3つめの軸の集計したい項目を選択します。

6. スコア

スコアタブでは、スコア条件を設定できます。

  1. スコアタブをクリックします。
  2. スコア条件をクエリのマッチ度、パテントスコア、被引用件数から選択します。
    1. クエリのマッチ度: 検索クエリとの再現度でスコアリングをする。原則的には、検索クエリがたくさん現れている文書ほどスコアが高くなります。ただし、タイトル > 要約 > 請求の範囲 > 明細書の順で係数がかけられており、検索クエリと同じフレーズがタイトルや要約にたくさん出現する文書ほどがスコアが高くなり上位表示されます。
    2. パテントスコア: 被引用件数(他社の審査において引用された回数)や情報提供など特許の重要度を示すパラメータを用いてスコアリングします。BASICプランでは、パテントスコアを自由にカスタマイズすることができます。
    3. 被引用件数: 被引用件数のみをスコアに反映します。被引用件数でグラフやランキングを作りたい場合は、こちらを利用できます。
  3. パテントスコアの算出条件を追加するから追加したいスコア項目を設定します。
  4. スコア算出対象となる項目名が表示されます。
  5. スコア算出演算子を設定します。
  6. スコア算出関数を設定します。logの場合、件数が大きくなってもスコアが極端には大きくなることを抑制できます。minの場合、件数は無視して有無で1 or 0のスコアとすることができます。
  7. スコア算出係数を設定します。項目の重要度に応じて、係数を設定できます。
  8. スコアの順番を入れ替えることができます。パテントスコアでは、足し算でも掛け算でも上から1つずつ計算されることに注意してください。日数で減衰関数をかける場合は、最後に設定して下さい
  9. 削除ボタンで任意のスコア項目を削除することができます。